ネットショップ開業のための基礎知識

ネットショッピングは買い物の主流になってきています。そのため、個人でもネットショップを開業するという人が増えてきています。基礎知識を身につけて失敗しない開業をしましょう。

開業のためのステップ

まず事業計画を立てて、販売商品は法的に可能なものかを確認します。必要な届け出の確認をして、商品は仕入れるのか自作なのかを決めます。モール型に出品するのが自社でサイトを立ち上げるのかも考えて、サイトを構築、運営していきます。

個人事業主、開業届の提出

事業の開始を税務署に知らせる必要がありますので、開業届を提出します。納税や申告に対するお知らせを受け取るためにも、提出しておくようにします。

確定申告の届け出

開業届と同時に提出しておきたいのが、確定申告です。確定申告には4種類あります。それぞれ帳簿のつけ方や受けられる控除の内容が違います。

失敗しない開業のポイント

コストを抑えるためのポイントは固定費です。見直すことのできる固定費がないか定期的に確認します。在庫は最低限にして持ちすぎないようにします。集客はSEOやSNSなどの無料でできるものから始めるようにします。

個人ネットショップにとってファンは今後リピーターになり得る大事な顧客です。ファンがリピーターになるような仕組み作りに注力を注ぎ、魅力的だと思ってもらえるような工夫をします。