ネットショップの発送代行のメリットとデメリット

ネットショップで商品を発送するとき、さまざまな手間やコストがかかります。発送代行サービスを利用すると、発送にかかる業務を委託できて手間が省かれ、効率的です。

発送代行サービスの種類

主なサービスの内容は、受注は運営側がおこない、入荷から出荷までの管理は業者がおこなう形態と、受注管理をはじめとするネットショップの業務全般を担うサービスがあります。

メリット

人件費をおさえることができ、コストを削減できます。そして物流のプロに発送作業を任せられるので、物流の質を落とすことなく、誤発送も防ぐことができます。手間のかかる発送業務を委託できるので、ほかの業務に注力することができ、売上アップを狙えます。

デメリット

発送業務を自社でおこなうか検討している場合は、発送業務のノウハウを得ることができません。発送代行サービスの業者によってシステムが違うので、業者を変える場合、同様のシステムでない可能性があります。顧客情報を共有するので、情報の流失の懸念があります。

慎重に検討する

発送業務という手間とコストのかかる作業を代行してもらえることは、利点もあり便利なので利用したいと考えるとき、デメリットも考慮に入れてメリットの方が上回るなら利用した方がいいといえるでしょう。個人情報を扱う業務ですので慎重な検討が必要です。