伝わりやすいドメイン名

WEBサイトなどに使用するドメイン名は、鉄則として覚えやすいことが重要なポイントとされているため必然的に短めなものが戦略的には適していると考えられております。最近ではQPコードなどを使用してサクセスを促すようなシーンが多くみられるため、直接入力を意識したドメイン名は必然的ではなくなりましたが、ドメイン名に商品名や企業名を使用する場合は、間違えやすいドメイン名の利用は避けた方が望ましいでしょう。たとえば「新橋」「shinbashi」「shinnbashi」「sinbasi」は、すべて「新橋」をもとに考えられるドメイン名ですが、ローマ字入力となると「し」は「shi」もしくは「si」、「ん」は「n」「nn」など、URLを入力するユーザーたちの判断によっては、誤ったスペルを入力してしまう可能性が考えられます。